1. TOP
  2. 海外挙式の準備から当日の流れまで

海外挙式の準備から当日の流れまで

 2017/07/17 結婚式準備 この記事は約 4 分で読めます。

日本での挙式とは
少し違った準備が必要な
海外挙式。

日本での結婚式であれば、
ゲストとして招待をされ
何度か挙式から披露宴の流れを
見た
ことがあると思います。

しかし、海外挙式へ参列をした
経験のある方は少なく、
どんな感じか
イメージがつきにくいと思います。

そこで今回は、
海外挙式の準備から
当日の流れにスポットを当てて、
ご紹介したいと思います。

挙式の出発から帰国までの流れ

どこで挙式をされるかによって
滞在予定も変動があると思います。

海外の場所にもよりますが、

最低でも3泊4日以上の
余裕がある日程を組むのがお勧めです。

 

モデルスケジュール 6泊8(ハワイ飛行時間が6時間以上の場合)

<1日目> 出発

各空港にて出発。

現地到着後は、
時差ボケの為にも無理をせず
ゆっくり休むことが大切です。

結婚式の当日に
体調を崩してしまっては
台無しです。

<2日目> 打ち合わせ 

日本から持ち込む物などの
最終打ち合わせを担当者と行う。

メイクリハーサルをされる場合は、
この日となります。

打ち合わせ時間帯は
午前中が理想です。

午前中にしておくことで、
もし何か
手配し忘れていたことが
あった際にも、
対応が可能な時間を
設けておくことができるのです。

<3日目> 挙式

挙式をする時間帯に合わせて
お仕度をする。

挙式→お食事会を行う。

<4日目> 観光

ゲストと一緒に観光を楽しむ。

<5日目&6日目> お見送り&新婚旅行

ゲストのお見送りをする。

ふたりはその後、
新婚旅行を楽しむ。

<7日目> 帰国

現地出発。

 

【注意事項】

ヨーロッパなど
飛行時間が
10時間を超える場合は、
時差に適応するためにも
2、3日体調を整える時間を
設けると良いでしょう。

 

海外挙式当日の流れ 挙式時間11(メイクリハーサル済)の場合

8時 新婦様お支度

ホテルの部屋、
もしくは海外挙式を
手配される会社によっては、
別に控室にてお支度開始。

ヘアメイク、アテンダント兼通訳が
ご準備をお手伝いします。

9時 新郎様お支度

ホテルの部屋、
もしくは新郎控室にてお仕度開始。

10時 会場へ移動

カメラマンが到着し、
リムジンにてご一緒に移動をします。

アルバムの写真のショットを
おさめます。

11時 挙式

挙式をする前に
簡単な挙式の
リハーサルを行います。

海が見える挙式会場で素敵な挙式。

11時半 記念撮影

挙式後に
フラワーシャワーにて
お祝いをしていただき、
親族やゲストとの写真撮影。

みなさんで乾杯など。

12時 パーティー開始

挙式会場と隣接する会場にて
会食を楽しんでいただく。

14時 パーティーおひらき

場所移動をしてフォトツアーへ。

海をバックに
ふたりの写真撮影を行う。

15時 お支度

 と言った流れになります。

お昼からの挙式の場合は
先にフォトツアーを組み、
ゲストとの会食は
夕方からのスタートとなります。

 

まとめ

いかがでしょうか。

少しでも海外挙式の流れが
イメージできると良いですね。

言葉の問題など
不安なこともたくさんあると思います。

わからないことがあれば
その都度、
通訳スタッフに聞くと安心です。

また、ゲストの方が
参列される場合は、
フォローがとても重要となります。

空港へのお見送りや
観光の手配など、
準備をして招待しましょう。

海外が初めてのゲストの方も
安心して参列できると思います。

\ SNSでシェアしよう! /

理想の結婚式を挙げる為に@ウェディングプランナーが教えるtipsの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

理想の結婚式を挙げる為に@ウェディングプランナーが教えるtipsの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 結婚式の初回打ち合わせまでに準備する事リスト!直前にバタバタしない為にやるべき事

  • ケーキ入刀の時に最適なお勧めBGM

  • 結婚式の相談カウンターは本当にお得なのか?役立つのか?

  • 結婚式費用で予定外の出費はなにがある?見落としがちな5つの費用

  • レストランウエディングで気を付けておくべき点

  • 結婚式のBGMのシーン別選び方!乾杯はイントロ無しの曲がおすすめ